倫太郎の日記

倫太郎の日記です。

ズートピア最高だな

母と口論しました。

両者1歩も引かず(本当は私は3歩くらい引いたけど)1時間ほど口論が続いていました。

そして父が帰ってきたんですけど、

父は「疲れた〜」とか言いながら、私達の口論を聞いているわけです。

暑がったり、にやついたりしながら。

父の前だし(私は父の前ではすぐ泣いてしまう)、はやくこの話終わらせたいなと思いながら、話のまとめに入ると、母が笑ったので、ちゃんと聞いてと怒りました。

そこに父が、

「ごめんね。この歳になってくると、話をきっぱり終わらせなくても構わないようになっちゃうんだ」

と、その場の誰も傷つかないオチをつけてくれたのです。

元々この口論、誰が悪いとかも特にないしゴールもなかったので、それを察して言ったのだろうなと思いました。

またしても父に泣かされました。

ああ、これが大人なんだな、と思いました。

私はこんなことで燃え上がって、幼稚に騒ぎ立てて、

母は絶対に謝らず、

母と互角に言い争っていたのがとても馬鹿馬鹿しくなりました。

悔しい、これが大人だ。こんなことでもまず言い争いはしないし、こんなくだらない口論があったら上手く終わらせる、これが正真正銘の大人なんだ、と。

そして、私がイメージしている父よりも何倍も優しく諭してきたので、それまで踊り狂っていた怒りが恥ずかしくなって逃げていきました。行く先も無いのに逃げていきました。

雪合戦のために、がんばって作り溜めていた雪玉が、一瞬にして溶けていくようでした。

溶けてアスファルトに染みだけを残していったように、ただただ悔しかった。

その染みを消すためには、雨で誤魔化すしかないと思い、私は目いっぱいに雨を降らしました。

このパターン、後になってお互い謝るパターンだ...と思ってたら見事に的中しました。

 

大人になりたい。

 

2018年6月15日